唐沢寿明が日本版『24』でジャック・バウアーに!「キャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない(笑)?」

唐沢寿明が日本版『24』でジャック・バウアーに!「キャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない(笑)?」

アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)。 本作は2001年に放送を開始するや、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描く革新的なスタイル、そしてスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒し、世界的大ヒットシリーズとなった。 そんな超大作を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。 “米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、初の日本版リメイク『24 JAPAN』では“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。 このたび2020年10月から、テレビ朝日系列で全24話を放送することが決定した。 ©テレビ朝日 さらに、類まれなる演技力で日本のエンタメ業界をけん引するトップ俳優・唐沢寿明が主演を務め、日本版ジャック・バウアーを演じることも決定した。 ◆唐沢が日本版ジャックを熱演! 実は唐沢、オリジナル版の大ファン。「『24…