三谷幸喜&香取慎吾の最新作「誰かが、見ている」の配信決定! 三谷「僕がお願いすることはすべてやってくれる人」

三谷幸喜が脚本・監督を務め、香取慎吾主演で製作される最新作「誰かが、見ている」が、2020年秋、Amazon Prime Videoにてプライム会員向けに独占配信されることが決定した。 「誰かが、見ている」は、Prime Videoのプライム会員向けサービスが日本で開始して5周年を迎える2020年に製作される、日本オリジナルのドラマシリーズ第一弾となる。 大河ドラマ「新選組!」(2004年、NHK総合ほか)をはじめ、数々の作品で楽しませてきた三谷と香取が“シットコム”というジャンルのコメディードラマに挑戦する。 ■ 香取「『どこから、どこを見ても面白いのがシットコム』と三谷さんに教わった」 三谷と香取は17年前にも“シットコム”の作品「HR」(02~03年、フジテレビ系)を生み出している。 “シットコム”とはシチュエーションコメディの略で、「フルハウス」や「フレンズ」のような海外で親しまれているドラマジャンルであり、同じ舞台と主要キャストで繰り広げるコメディードラマの形式。三谷ならではの洒落た会話や、思いがけない仕掛けの数々が展開され、香取がその高い要求に応えていく様子が楽しめるだろう…