<科捜研の女>沢口靖子、1年間のロングラン放送が無事終了!「温かい応援をありがとうございました」

3月19日に最終回を放送した木曜ミステリー「科捜研の女19」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)。主演の沢口靖子が1年間の通年放送を振り返り、感謝の思いを語った。 “シリーズ20周年”דテレビ朝日開局60周年”という2つの大きな節目を記念し、2019年4月から2020年3月まで1年間のロングラン放送に挑んだ、木曜ミステリー「科捜研の女19」。 19日に放送した最終回スペシャルでは、世帯視聴率12.5%を獲得。シーズン中の最高視聴率は14.1%(5月2日放送、第3話)で、全34話の平均視聴率は11.6%、と安定した人気を見せた。(※視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。 そんな大反響を巻き起こした1年間を振り返り、沢口は改めて感謝の思いを述べた。 ■ 沢口「1年間、走り抜くことができました」 撮影前、長丁場の撮影に挑むにあたり、「フルマラソンにチャレンジする思い」と話していた沢口は、「大きく体調を崩すこともなく、無事にこの日を迎えられたこと、そして1年間の尊い日々を全うすることができて、今とてもホッとしています」と、“完走”した心境を充実感たっぷりの笑顔で報告。 本作…