「GARO -VERSUS ROAD-」で初主演の松大航也「ベッドの上ではしゃぎました」

多くのメディアミックスで人気の「牙狼<GARO>」シリーズが、テレビ放送をスタートしてから15周年を迎える。これを記念し、完全新作のテレビシリーズ「GARO -VERSUS ROAD-」が2020年4月2日木曜日、TOKYO MXほかで放送される。本作でドラマ初主演を務める松大航也にインタビューを実施した。 本作は今までに放送された「牙狼<GARO>」シリーズとは世界観を一新した、全く新しいシリーズである。主人公の大学生・空遠世那(松大)は謎のVRが届けられたことで、巨大なゲームフィールドに入り込む。そこで大勢のプレーヤーたちと、「ガロ」の称号を賭けた生き残りゲームに巻き込まれていく、というもの。松大が本作の撮影秘話や作品に込めた思いなどを語った。 ――初主演おめでとうございます。決まったときの心境を教えてください。 「ありがとうございます。お話をいただいたときは、驚きを通り越して現実味がありませんでした。『本当に僕ですか?』と聞いてしまったぐらい。 でも、本格的にアクション練習が始まって、台本も出来上がってきたら、徐々に実感が沸いてきて、家のベッドの上で一人はしゃいだりしていました(…