広瀬すず、時代劇初挑戦!濃姫役で市川海老蔵と初共演

今夏放送予定の時代劇「十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画『桶狭間OKEHAZAMA〜織田信長〜』」(仮)(フジテレビ系)に、広瀬すずが出演することが明らかとなった。広瀬は今回が時代劇初挑戦、織田信長の正妻・濃姫を演じる。 本作は、市川海老蔵の十三代目市川團十郎白猿襲名を記念した特別ドラマ。織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦“桶狭間の戦い”を中心に物語が展開する。 広瀬が演じるのは、“マムシ”と呼ばれ、周囲に恐れられた美濃の国主・斎藤道三の娘・濃姫。隣国・尾張の織田家との政略結婚で信長の元に嫁いだ女性だ。 今回オファーを受けた広瀬は「実は、『舞台と時代劇は向いていないかもしれない!』と思っていました(笑)。 『なつぞら』を終えた後に、何か新しいこともやってみたいな、と考えていたので、このタイミングでこのお話がいただけてよかったです。 (脚本の)大森(寿美男)さんが『なつぞら』の執筆の後、休まずにこの脚本を書かれていたということも聞いて、さらにやってみたいなと思いました」と、意外な心境を打ち明けた。 ■ 絶対、目をそらさないぞ 今回初共演となる海老蔵演じる信長の印象につ…