まるで天使!山本舞香“アスカ”の天真らんまん笑顔に「癒しパワーがすごい」<死にたい夜にかぎって>

MBS/TBSドラマイズム「死にたい夜にかぎって」(毎週火曜夜1:28-1:58、TBSほか ※MBSでは毎週日曜夜0:50-1:20) の第5話が3月24日までに放送された。浩史(賀来賢人)とケンカした後、アスカ(山本舞香)が見せた天使のような笑顔に魅了される視聴者が続出している。(以下、ネタバレが含まれます) ■ ケンカの後の笑顔にほっこり 本作は、WEBサイト「日刊SPA!」の人気連載エッセイから「恋愛エピソード」を中心に再構築した爪切男原作の小説「死にたい夜にかぎって」を実写ドラマ化。原作者・爪切男本人の実体験のエピソードをもとに、魅力的だが過激な女性たちに翻弄される主人公・浩史の姿がときに切なく、ときにユーモラスに描かれる。 第5話では、アスカが作曲活動に精を出す一方、浩史は内心どの曲も“支離滅裂”に思え、理解できないことに苦しんでいた。 アスカの音楽を理解できていないということは、この5年間彼女を理解しないまま過ごしてきたのと同じ──。そう自分を責める浩史は、ラッパーの部下たちに背中を押され、アスカに本音で向き合うことを決心。帰宅するなり、アスカに「お前は天才じゃない」と現…