広瀬すずが海老蔵主演『桶狭間』で時代劇初挑戦!信長の正妻・濃姫に

広瀬すずが海老蔵主演『桶狭間』で時代劇初挑戦!信長の正妻・濃姫に

 今夏放送の十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画『桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~(仮)』(フジテレビ系)で広瀬すずが時代劇に初挑戦することが分かった。  本作は、市川海老蔵の十三代目市川團十郎襲名を記念した特別企画ドラマ。今川義元の大軍を数的に劣る織田軍が打ち破り、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦“桶狭間の戦い”を題材とした本格時代劇となる。  海老蔵が織田信長を演じ、さらに今川義元を三上博史、信長の実母・土田御前を黒木瞳が演じる。そして、信長の正妻・濃姫を広瀬すずが演じることが決定。広瀬は、本作が時代劇初挑戦で、海老蔵とは初共演となる。  広瀬が演じるのは“マムシ”と呼ばれ、周囲に恐れられた美濃の国主・斎藤道三の娘・濃姫。隣国・尾張の織田家との政略結婚で信長の元に嫁ぐが、織田家にとって道三は油断ならない存在であり、両家は常に緊張状態にあった。そんな状況の中で濃姫は、信長がいかに素晴らしい武将であるか頻繁に文を送るなど、両家の関係に心を砕く優しい女性として描かれる。 <広瀬すず コメント> ◆今回のお話が来たときの感想 「実は“舞台と時代劇は向いていないかも…