芳根京子、癒やし系“コタキ三兄妹”の腕組み3SHOTに反響続々「ステキな笑顔」「続編希望!」

女優の芳根京子が、3月28日にオフィシャルInstagramを更新。27日深夜に最終回を迎えた「ドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』」(テレビ東京系)の“兄二人”とのオフショットをアップし、ファンから注目が集まっている。 同ドラマは、脚本家・野木亜紀子のオリジナルストーリーで、真面目過ぎてうまく生きられない兄・一路(古舘寛治)と、そんな兄を見てちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟・二路(滝藤賢一)がひょんなことから始めた「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、無茶ぶりに四苦八苦しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディー。 主演の古舘、滝藤の他、芳根、宮藤官九郎らが出演し、毎週豪華なゲストと繰り広げるやりとりも注目を集めた。 芳根は、古舘&滝藤演じる“レンタル兄弟おやじ”が通う「喫茶シャバダバ」の看板娘・さっちゃんこと五月を演じた。 五月は、実はレンタル兄弟おやじの本当の妹であるが、最後まで本人にはそのことを隠し通し、あくまで“妹的存在”として接した二人の兄の優しさ。 そして、しっかりしているようで無邪気なさっちゃんの立ち居振る舞い、“妹役”としての「ただいま!」など…