ドラマ『鈍色の箱の中で』、逆さキスから親友キスまで…最旬俳優たちの“10のキス”

ドラマ『鈍色の箱の中で』、逆さキスから親友キスまで…最旬俳優たちの“10のキス”

2020年2月から3月にかけて、毎週土曜深夜に全6話で放送された連続ドラマ『鈍色の箱の中で』。 「LINEマンガ」にて連載開始から3か月連続で月間読者数ランキング1位(無料連載)を獲得した同名人気作を原作としたこのドラマは、毎回必ず登場するキスシーンが注目を集めた。 ©テレビ朝日 本作の舞台は、100世帯もの家族が住む分譲マンション。そこに暮らす5人の高校生男女を中心とした切なくも危険なラブストーリーである。 ヒロインの久保田紗友をはじめ、萩原利久、神尾楓珠、岡本夏美、望月歩という最旬の若手俳優がそろい、“全員片想い”というストーリー展開のなか、さまざまなキスが繰り広げられた。 物語の中心となったのは、久保田紗友演じるヒロイン・桜井美羽と、彼女が幼少時から思いを寄せてきた辻内基秋(演:萩原利久)との関係。 ©テレビ朝日 ©テレビ朝日 マンションの物陰で行われる2人のぎこちなくも甘酸っぱいキスにドキドキさせられた人も少なくなかっただろう。 しかしこのドラマ、そんなピュアなキスだけではまったく済まされないのだ。 基秋は、小さい頃に同じマンションに住んでいた“お姉さん”河野綾芽(演:筧美和子…