乃木坂46・齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波のビジュアルコメンタリー配信!撮影秘話など語る<映像研には手を出すな!>

大童澄瞳のデビュー作にして話題沸騰の漫画「映像研には手を出すな!」。アニメ化もされた超人気作が、乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波によりまさかの実写化。劇場版の公開に先がけ、ドラマ版と独占ビジュアルコメンタリーが、ひかりTVにて4月7日から順次提供中だ。 独占ビジュアルコメンタリー映像では、3人がテーブルゲームをしながらドラマ本編を視聴し、撮影秘話を語る姿を披露。役作りや演じるうえで意識したところを伺うと、「原作を意識し過ぎず監督と相談しながら役を作っていきました。撮影を通して、2人と今までの距離感を超えて関係を深めることができました」と齋藤。 山下は「衝撃を与えられるように一生懸命頑張ったので、たくさんの人に楽しんでいただけたらと思います」、梅澤も「『実際に生きていたらこんな感じなのかな』という3人をスクリーンで楽しんでいただけたらと思います!」とPRした。 ■ ドラマストーリー 迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどり(齋藤飛鳥)は、アニメが好きで人並み外れた想像力があるのだが、極度の人見知り。中学からの同級生・金森さやか(梅澤美波)と共に入学した芝浜高校で、カリスマ読者モデル…