田中みな実に続き“朝ドラ女優”久保田紗友も“悪役”開眼!『M』3週連続トレンド入り

眼帯の秘書役・田中みな実の怪演も大きな話題となっているドラマ「M 愛すべき人がいて」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)。5月2日に放送された第3話では、アユ(安斉かれん)のデビュー決定に伴い、周囲からの風当たりもさらに激化。アユにライバル心を燃やす理沙(久保田紗友)が存在感を増している。(※以下、ネタバレがあります) 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでに秘められた出会いと別れを描く、小松成美の同名小説を鈴木おさむが大胆に脚色。さまざまな妨害に負けず、アユが歌とカリスマプロデューサー・マックスマサ(三浦翔平)への思いを貫き通すストーリーが感動を呼んでいる。 そんな同作でアユの健気さを引き立たせるのが、田中をはじめアユを取り巻くアクの強いキャラクターたちの存在だ。 その筆頭が、マサの秘書・礼香を演じる田中。3話でも「あなたの手は人を不幸にする手をしてる。泥棒の手をしてる!」とアユをなじったり、「私の大切なもの、奪わないでね?そんなことしたら私…許さなーーーーい」とすごんだりと視聴者の期待に応える怪演でSNSをにぎわせ、Twitterで「#M愛すべき人がいて」が1話、2話放…