柴咲コウら出演の“テレワークドラマ”制作の裏側を紹介「衣装やヘアメークもご自身で用意」

柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生らが出演する打ち合わせやリハーサル、本番収録も直接会わずに行う“テレワークドラマ”の「今だから、新作ドラマ作ってみました」(夜11:40-0:10ほか、NHK総合)が5月4日(月)から3夜連続で放送される。 同ドラマの総指揮を執ったNHKの編成局編成センター副部長・岡本幸江氏が“テレワーク”での取材会でドラマの見どころなどを語った。 岡本氏は、同ドラマの制作に至った背景について「新型コロナがこのような状況になってから、新たな番組を作ることが難しくなっている中で、何か人の心に届くもの、温めるものが必要なのではと思い、このドラマを制作することになりました」と語り、同じ気持ちのスタッフや出演者らが集まったという。 また、制作の期間について岡本氏は「4月上旬に上司の“GOサイン”を得てから、翌日には脚本家とプロットの打ち合わせをはじめ、翌々日にはキャスティングを、そして2週間ほどで収録にこぎつけたというスピード進行でした。今だからこそできるドラマだなと思いました」と語った。 そんなスピード進行の中、出演者らからは「シンプルに面白いからやりたい、何か自分もできないか…