大谷亮平インタビュー「異世界の住人たちが店にいる世界に役が馴染んでいるのだから、自分も馴染むしかない(笑)」

大谷亮平が主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』が、いよいよ5月15日(金)よりWOWOWプライムにてスタートする。 蝉川夏哉のライトノベルを、品川ヒロシ監督・脚本でドラマ化した本作は、突然異世界の古都・アイテーリアにつながってしまった居酒屋「のぶ」を舞台にした“異世界グルメドラマ”。庶民的な居酒屋メニューを通じて、「のぶ」の店員と異世界の住人たちが人間ドラマを繰り広げていく。 今回、主演の大谷にインタビューを敢行。独特の世界観を持つ本作に対する印象や現場の様子、さらには本作を通して感じ取った意外な思いなどを語ってもらった。 ■ 料理シーンは監督にとって「アクションシーン」!? ――最初に本作のオファーを頂いた際、作品に対してどのような印象を受けましたか? 大谷亮平:異世界モノということで、もちろん経験したことのないような非日常的なストーリーなので、読む分には面白いんですけど、これを映像として作っていく上で「どれだけ説得力のあるものにできるのか」という難しさや、多少の不安も最初は抱きました。 ――そんな中で、今回の「大将」という役柄を演じられていかがでしたか? …