谷原章介、不倫相手役・浅香航大は「とても色気がある役者さん」『黒い画集~証言~』5・9放送

谷原章介、不倫相手役・浅香航大は「とても色気がある役者さん」『黒い画集~証言~』5・9放送

 5月9日(土)放送の松本清張ドラマ『黒い画集~証言~』(BSプレミアム)に出演する谷原章介、西田尚美、浅香航大からコメントが届いた。  このドラマは、松本清張の短編推理小説集「黒い画集」の1編「証言」の舞台を現代に置き換え、ヒューマン・ラブサスペンスとしてリバイバル。原作で描かれる男の悲哀と滑稽さのエッセンスはそのままに、主人公の不倫相手を女性から男性に変更して、バイセクシャルや偽装結婚といった現代的世相を取り入れて描く。  主人公の医師・石野貞一郎を谷原章介、その妻・幸子を西田尚美、貞一郎の不倫相手の美大生・梅沢智久を浅香航大が演じる。脚本・演出は映画「釣りバカ日誌」シリーズ、ドラマ『遥かなる山の呼び声』『贋作 男はつらいよ』などの朝原雄三が手掛ける。  谷原は、松本清張作品について「罪を犯したことがないような善良な市民が、ふとしたきっかけで別の一面をあらわにしていく。そんな心の奥底を描く人間描写が魅力」と語り、本作では主人公の不倫相手が男性に変更されていることについて、「同性愛の設定が加わったことで、原作よりさらに複雑で挑戦的な内容になったと思います。浅香さんとは役で相対してみて…