谷原章介演じる主人公の不倫相手を浅香航大が熱演「役者としてもチャレンジングな作品となりました」

5月9日(土)にNHK BSプレミアムで放送される「松本清張ドラマ 黒い画集~証言~」(夜9:00-10:30)。放送に向け、出演する谷原章介、西田尚美、浅香航大がコメントを寄せた。 同作は松本清張による同名小説のドラマ化。作品の舞台を現代に置き換え、主人公の不倫相手を女性から男性に変更。バイセクシャルや偽装結婚という現代的な要素を取り入れてリメークする。 ■ 谷原「これは誰にでも起こりうる物語」 妻の実家であるクリニックを継ぎ、地域の患者から信頼される医師という顔を持つ反面、3年前から男性と不倫関係を持つ貞一郎を演じるのは谷原章介。 谷原は作品の魅力について、「罪を犯したことがないような善良な市民が、ふとしたきっかけで別の一面をあらわにしていく。そんな心の奥底を描く人間描写が魅力でしょうか。同性愛の設定が加わったことで、原作よりさらに複雑で挑戦的な内容になったと思います」とコメント。 また、貞一郎と不倫関係になる智久を演じた浅香航大については、「以前に共演したときはここまで近しい関係の役柄ではなかったので、楽しみにしていました。実際に役で相対してみて、改めてとても色気がある役者さんだ…