窪田正孝、“天才”の狂気や絶望まで表現「エール」で見せた “弱さ”の演技

2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。主に古山裕一(窪田正孝)の苦悩が描かれた第6週、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が注目したのは、窪田の繊細な演技だ。(以下、第6週までのネタバレが含まれます) 第6週あらすじ――豊橋での演奏会を終えて、裕一は意気揚々と福島に帰るが、音(おと/二階堂ふみ)との結婚を認めないまさ(菊池桃子)たちの気持ちを知り、将来の選択について心が揺れる。そんな折、裕一の海外留学が取り消しになるという衝撃の知らせが届く…。 ■ 夢見心地な状況から…奈落の底に 朝ドラ「エール」、第6週「ふたりの決意」は、主人公・古山裕一が海外留学や音との結婚話に胸おどらせた夢見心地な状況から一転、奈落の底に転落する場面からはじまり、悩み苦しんだ結果、なぜか「音楽」も「音(おと)」もふたつとも得ることに成功、東京で新生活をはじめるところで終わる。 ヤラレタ!と思ったのは、27回で恩師・藤堂先生(森山直太朗)に「本気で何かを成し遂げたいなら、何かを捨てねばいけない」と助言…