『麒麟がくる』斎藤道三(本木雅弘)最後の戦いへ…落合将CP「全編見どころ」

『麒麟がくる』斎藤道三(本木雅弘)最後の戦いへ…落合将CP「全編見どころ」

 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか)の制作統括・落合将が、5月10日(日)放送の第17回「長良川の対決」の見どころを語った。  第16回(5月3日放送)で明智光秀(長谷川博己)に今後の生きる道を指示した斎藤道三(本木雅弘)。5月10日放送の第17回では、光秀は明智荘を守るべく、光安(西村まさ彦)と共に道三に味方することを決める。そして、道三と対立した長男・高政(伊藤英明)との長良川を挟んだ戦いが始まる。  落合CPは「ついに宿命的な高政との最期の戦いに向かいます。高政が自らの弟を殺す、という暴挙に出てしまった時点で、既に道三には自分の『カタのつけかた』がすぐに見えていて、それについては疑いがなく行動する、という当時の武士の生きざまそのものを本木さんはこの数回で体現してくれたと思います」と。  そして「『いつ死ぬかもしれないから、現在の日常や世界にあふれる美を日々愛する』思えば本木さんはその緊張感を第1回から意識的に放っておられたようでした。道三の死後、駆け付けた光秀は、高政に向かって、道三にはあっておぬしにはないものが何かを彼に問いかけます。その言葉がこのドラマのテーマにもなっ…