大野智“榎本”は戸田恵梨香“純子”に頼まれ密室事件の現場を訪れる!<鍵のかかった部屋 特別編>

5月11日(月)に、大野智主演のドラマ「鍵のかかった部屋」(2012年、フジテレビ系)の特別編が放送される。今回は、放送まで間近に迫った特別編のストーリーを紹介する。 同作は、大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)とともに難解な密室事件の謎を解くミステリー。 大野が“月9”初主演を飾った作品で、世帯全話平均視聴率16.0%(全11話)を記録し、嵐が主演の歴代“月9”ドラマで最高視聴率をマークした。 4月13日にスタートした織田裕二主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ2」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により撮影を休止しているため、第3話以降が放送延期となり、以前より視聴者から数多くの再放送の要望が寄せられていた同作が、このたび満を持して特別編として放送される。 ■ 特別編(5月11日放送)のあらすじ 東京総合セキュリティに勤める榎本径(大野智)は、弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)に頼まれ、先輩弁護士の芹沢豪(佐藤浩市)と密室事件の現場にやってきた。 そこは、葬儀会社の社長・大石の遺体…