声優・内田真礼が刑事ドラマに初挑戦「お芝居っていろんな形があるなぁ…と」<警視庁・捜査一課長>

5月14日(木)放送の内藤剛志主演「警視庁・捜査一課長2020」(毎週木曜夜8:00、テレビ朝日系)に、声優、アーティスト、女優として活動する内田真礼がゲスト出演する。 内田が演じるのは、キャンプ場のスタッフ・大田里香。キャンプ場には場違いな“スーツ姿の男”の死体を発見する第一発見者役だ。里香の証言から、死の直前、被害者が男性客ともめていたこと、そしてその男性客を連れて来たのが昨年殉職した巡査の妻・熊木貴代(釈由美子)であることが判明する。  ■ 心がけたのは“自然に存在する”こと 内田は声優、女優としてアニメ「中二病でも恋がしたい!」、「アイドルマスター シンデレラガールズ」、「約束のネバーランド」、映画「ヲタクに恋は難しい」などに出演しているが、刑事ドラマに出演するのは今回が初。 「まさか、自分に刑事ドラマのオファーが来るなんて思っていなかったので、びっくりしましたし、私で大丈夫かな…?と思いました。ですが、喜んでくれる方がいるなら!と今回チャレンジしてみました」と新境地に飛び込んだ心境を明かしている。 内藤演じる大岩一課長らに重要な目撃証言をもたらし、物語のキーパーソンとなる役ど…