藤原竜也&竹内涼真が撮影を回顧!「半年間ずっと一緒にいて、いい相棒になれた」

国家をまたにかけて暗躍する諜報組織「AN通信」のエージェントが、巨大な陰謀に立ち向かう姿を描く吉田修一ストーリー原案の「連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-」が、5月24日(日)よりWOWOWプライムにて放送される。 今回、心臓に爆弾が埋め込まれ、24時間以内にミッションを遂行し、本部へ連絡しないと爆死してしまう過酷な運命を背負った鷹野一彦と田岡亮一を演じた藤原竜也と竹内涼真にインタビューを敢行。撮影を振り返ってもらった。 ――出演が決まった時はどんな心境でしたか? 藤原竜也(以下、藤原) )「まずは非常に大変だろうと思いました。クランクインに向けてブルガリアに向かう飛行機のフライト直前まで悩みまして、なぜ引き受けてしまったのか、乗り掛かった船とはいえ今からでもなんとかならないものだろうかと戸惑っていましたね(笑)」 竹内涼真(以下、竹内)「羽住監督の作品はこの世界に入る前から映画館に見に行っていて、いつかご一緒したいと思っていたので、嬉しかったですね。それに、壮大なアクションは自分的にもやってみたかったので、このタイミングで竜也さんと一緒にバディとしてやれるという…