大河ドラマ「麒麟がくる」&連続テレビ小説「エール」の放送休止が決定

長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)と、窪田正孝が主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の放送が一時休止されることが分かった。 同ドラマは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため現在収録が見合わされている。 「麒麟がくる」は6月7日(日)放送の第21回をもって、「エール」は6月27日(土)放送の第13週をもって一時休止。放送の再開時期については、収録再開の状況を見極めながら検討し、決まり次第発表される。