波瑠主演の日台共同制作ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス』5・16スタート

波瑠主演の日台共同制作ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス』5・16スタート

 波瑠主演の土曜ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』(NHK総合)が5月16日(土)にスタートする。  本作は、日本と台湾の人々の温かい心の交流を描いた吉田修一の傑作小説を、NHKと台湾の公共放送局・PTSの共同制作でドラマ化。  台湾新幹線の完成を目指して働きながら思い出の台湾人男性を探し続ける主人公・春香を波瑠が演じ、相手役の台湾人青年・エリックを台湾のアイドルグループ・飛輪海(フェイルンハイ)の元メンバーで、現在は俳優として活躍中の炎亞綸(アーロン)が演じる。  台湾での撮影について「以前、母と旅行で訪れたことがあり、今回のロケが2度目でした。なので台湾の観光の面しか見えていなかったのだと思います。撮影で回った地では地元ならではの空気や住んでいる人々の温かさを新鮮に感じることができました」と語る波瑠。 写真をもっと見る(全9枚)  劇中では、台湾新幹線開発における日本企業と台湾企業の道のりとともに、日本と台湾の人々の人間模様が描かれる。  物語について波瑠は「長い期間をかけて、日本と台湾が紆余曲折ありながらも力を合わせて台湾の南北に線路を敷いたことには、それ以上の物語があると…