「エール」RADWIMPS野田の好演も話題!星野源・西川貴教…“瞬発力&リズム感”で朝ドラ彩るミュージシャン俳優

2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。5月11日~放送の第7週よりRADWIMPSの野田洋次郎が裕一(窪田正孝)の同僚として本格的に登場。劇中で披露された弾き語りは、SNSなどで「さすが本業のミュージシャン!!」と盛り上がりを見せており、歌以外の演技についても「違和感がない」「ほかの役者さんと混ざっても自然」などの声が寄せられている。 そんな野田や、裕一の恩師役で出演している森山直太朗など俳優としても活躍する“ミュージシャン俳優”達について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、第7週までのネタバレが含まれます) ■ オペラから歌謡曲まで様々な音楽がドラマを盛り上げた 朝ドラ「エール」7週目からは東京編。古山裕一(窪田正孝)と音(おと/二階堂ふみ)が結婚して、いよいよ二人三脚の日々がはじまった。新婚生活の初期は食生活の違い(味噌や納豆の好み)に戸惑ったり、裕一の浮気疑惑に音が激怒して夫婦喧嘩したりと、新婚生活描写の定番は老若男女楽しめるものになっていた。…