船越英一郎、あの家裁判事を熱演!ドラマSP『家栽の人』が本日放送

船越英一郎、あの家裁判事を熱演!ドラマSP『家栽の人』が本日放送

連載終了から20年以上経った今でもなお「人間の本質を描く名作」と語り継がれる『家栽の人』(作・毛利甚八/画・魚戸おさむ)。 今回、船越英一郎を主演に迎え待望のドラマ化が実現。『ドラマスペシャル 家栽の人』として、本日5月17日(日)に放送される。 人間を愛し、植物を慈しむ“信念の家裁判事”桑田義雄。 殺人容疑で家裁に送致されてきた少年…。桑田判事は彼の証言に違和感を覚えるが…? ◆あらすじ 舞台は、東京から新幹線で1時間ほどの地方都市にある、前崎家庭裁判所。東京への転任を断った、つまり“出世の道を蹴った変わり者”という噂の桑田義雄(船越英一郎)が新任判事としてやってくる。 ©毛利甚八・魚戸おさむ・小学館/テレビ朝日 着任当日、大きな植木を背負って現れ、司法修習生の樋口日向子(足立梨花)や調査員たちの度肝を抜く桑田。桑田によれば、たまたま庭の植木を伐採中だった家の前を通りかかり、木のことがかわいそうに思えて譲り受けてきたという。 さっそく所内にある小さな庭に、その木を植えはじめた桑田に、一同はぼう然。さらに調停では判事らしからぬ発言ばかりを連発。調査員も調停員もペースを乱されていく。 ©…