<麒麟がくる>大河ドラマ初出演のユースケ・サンタマリアが登場!「朝倉義景を一番輝かせたいと勝手に思っています」

5月17日(日)に放送される長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第18回に朝倉義景役のユースケ・サンタマリアが初登場。放送に向け、ユースケからコメントが寄せられた。 史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く同作。 ユースケは越前を支配する戦国大名・朝倉義景を演じる。 ■ ユースケ「根拠のない自信がつきました(笑)」 今作が大河ドラマ初出演となるユースケは、「時代劇の経験が少ないので所作などしっかりと身に付けなければと思い、監督に相談しましたが、監督からは『所作などは考えず、人物像も調べないで、いつものユースケさんでやってほしい』と言われました。その言葉を受け取って、ほとんど前知識を入れずに手探り状態で撮影に臨んでいます。監督からは『その迷っている感じが良い』と言われ、根拠のない自信がつきました(笑)」とコメント。 また、「朝倉義景はここまでの登場人物にはいなかったキャラクターで、一癖も…