「恋はつづくよどこまでも」上白石萌音&佐藤健が栄冠! 第104回ドラマアカデミー賞結果発表

2020年冬(1~3月)クールに放送されたドラマを対象に開催した「 第104回 ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」全9部門の結果を発表中。最優秀作品賞は「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)が受賞した。 同作は、猪突猛進な看護師・七瀬(上白石萌音)と、ドSな医師・天堂(佐藤健)の恋模様を描いた。恋愛ドラマの王道をいったストーリー展開と共に、上白石や佐藤ら実力派キャストの演技も話題に。ハッピーエンドとなった最終回では視聴者から感動の声が続々と上がった。 そんな同作からは、上白石が主演女優賞、佐藤健が助演男優賞、天堂の姉・流子を演じた香里奈が助演女優賞、Official髭男dismの歌う主題歌「I LOVE…」がドラマソング賞を獲得している。 同じくTBS系の「テセウスの船」からは、過去に飛んで父のえん罪を晴らそうとする主人公を熱演した竹内涼真が主演男優賞を受賞。また、脚本賞(高橋麻紀氏)、監督賞(石井康晴氏、松木彩氏、山室大輔氏)のほか、キーマンとなる少年役で演技力が注目された柴崎楓雅がザテレビジョン特別賞に選出された。 全ての受賞結果は下記の通り。受賞者のインタビューは発売中の週刊ザ…