実はかなり深い!!『隕石家族』の“哲学”を感じるセリフでプレイバック⑥

羽田美智子が主演するフジテレビ系オトナの土ドラ『隕石家族』(原作・脚本:小松江里子)は、巨大隕石の衝突が迫った東京を舞台に、壮大なメッセージをコミカルに描くスペクタクルホームドラマ。 巨大隕石の衝突を前に、自分に正直に生き始めた門倉家の5人。主婦の久美子(羽田)は、高校の同級生・片瀬(中村俊介)との“純愛”と家庭の両立を望み、夫・和彦(天野ひろゆき)も、妻の浮気相手と知りながら、趣味を通じて親密になった片瀬に恋心を告白。 しかしその瞬間、隕石の軌道がずれて地球衝突が回避され、和彦も現実に引き戻された。 第5話では、和彦の母・正子(松原智恵子)の認知症がさらに進行。そして、和彦が“人生のリセット”を図った矢先に会社をクビになり、実は生活に窮している片瀬に金をせびられる様子がネットで波紋を呼んだ。 そんな門倉家にさらなる波乱が押し寄せた5月16日(土)放送の第6話を、SNSが思わずハッとさせられた、“哲学”を感じるセリフでプレイバックする。 <ハッとさせられた深いセリフ①> 「これは秘密じゃない。公然の非公開だ!」(by和彦) リストラされたことも片瀬に金を貸していることも家族に内緒の和彦…