「サイレント・ヴォイス」 絵麻(栗山千明)は、“黒を白にする”弁護士の歪んだ考えと嘘に迫る

5月22日(金)、栗山千明が主演を務める「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」(毎週金曜夜8:00-8:54、テレビ東京系ほか)の第4話が放送される。 本作は、行動心理学で被疑者のうそを見破る刑事・絵麻(栗山)の姿を描くサスペンス。2018年10月期にBSテレ東で放送され、取調室で繰り広げられる心理戦が「ハラハラドキドキして面白い!」と話題に。続編のSeason2も、現在BSテレ東で放送中だ(毎週土曜夜9:00-9:55)。 ■ 第4話あらすじ ある日、インターネットの掲示板とSNSで、次々と大量殺人予告がされる。IPアドレスから警察は差出人を突きとめ、数名を逮捕するが全て誤認逮捕と判明する。 その後、警察のメンツをかけて逮捕した被疑者・高山(少路勇介)を、絵麻が取り調べることに。すると、高山が警察の誤認逮捕を引き起こさせたコンピューターウイルスを作ったことは分かるが、殺害予告を行ったかはまだ確信が得られなかった。 そんな中、人権派弁護士・松尾(西村和彦)が現れ、高山の冤罪を主張。誤認逮捕で自白が強要されているため、すぐに高山を連れて帰るという。そこで絵麻は、松尾に取調室で…