柄本佑主演ドラマ『心の傷を癒すということ』DVDが「防災の日」に発売決定

柄本佑主演ドラマ『心の傷を癒すということ』DVDが「防災の日」に発売決定

 阪神・淡路大震災時、被災者の“心のケア”のパイオニアとして奮闘しつづけた精神科医のヒューマンドラマ『心の傷を癒すということ』のDVDが、9月1日の「防災の日」に発売される。  本作では、阪神・淡路大震災で自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安克昌(あん・かつまさ)氏の半生を繊細に描いている。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去ってしまった安氏。険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描いた作品だ。  なお、本作は安氏の遺族関係者への取材から得た事実を元に、人の心の傷に寄り添い続けた精神科医の物語として大胆に再構成し、人物や団体名を改称した上で、フィクション作品として作り上げられている。  主人公の精神科医・安和隆を演じるのは、柄本佑。妻役に尾野真千子、親友役に濱田岳、兄役にはNHKドラマ初出演となる森山直太朗が脇を固めた。人の心に寄り添い、心の絆を繊細に描くヒューマンドラマが、阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年「防災の日」にDVDとしてリリースされる。 <作品情報> DVD『心の傷を癒すということ』 …