『家政夫のミタゾノ』史上初のリモート制作!5・29に完全新作特別編

『家政夫のミタゾノ』史上初のリモート制作!5・29に完全新作特別編

 TOKIO・松岡昌宏が主演を務める『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系(金)後11・15ほか)で、シリーズ史上初となるリモート制作の新作『家政夫のミタゾノ特別編~今だから、新作つくらせて頂きました~』が5月29日に放送される。  女装した家政夫の三田園薫(松岡)が派遣先の家庭の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快ヒューマンドラマ。4月24日より第4シリーズがスタートしたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って撮影スケジュールに影響が発生。そのため第3話以降の延期が続く中、出演者同士が顔を合せないリモート制作で60分の新作を完成させた。  今回の新作では、三田園が所属する「むすび家政婦紹介所」が通常業務ができないながらも営業を再開。特別サービスとして、三田園は“夫が大阪へ出張中”の柴田真理子(奥菜恵)の元へ料理を作って届けることになる。  しかし、実は真理子の夫・柴田明彦(音尾琢真)は部下の吉野美玖(筧美和子)と不倫中で、大阪ではなく彼女の部屋にいた。それを知ってか知らずか、家に1人でいたはずの真理子が失踪してしまう。果たして、真理子はどこに消えて…