オトナの土ドラ『13』が延期で谷原章介主演『犯罪症候群Season2』を放送「皆さんの心に刺激、潤い、癒しを」

東海テレビでは、新型コロナウイルス感染予防に最大限の配慮をするため、連続ドラマの撮影を休止している。 それに伴い、フジテレビ系『オトナの土ドラ』シリーズ第26弾となる『13(サーティーン)』の放送を延期し、6月6日(土)23時40分からは『WOWOW×東海テレビ 共同製作連続ドラマ 犯罪症候群Season2』(全4話)を放送することが決定した。 本作は、フジテレビ系『オトナの土ドラ』(東海テレビ制作)とWOWOW『連続ドラマW』という、ともに独自の世界観のある人間ドラマを目指すドラマ枠が、大人が楽しめるエンターテイメントドラマを目指して初めて共同製作した作品。 原作は、累計50万部を越える貫井徳郎の人気3部作「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」で、初のドラマ化。 シーズン1は、「失踪症候群」「誘拐症候群」を原作に、主演・玉山鉄二、『オトナの土ドラ』で共に2017年に放送。 シーズン2は、「殺人症候群」を原作に、主演・谷原章介、『連続ドラマW』で放送された。 復讐しない地獄と復讐する地獄――人は正義と復讐のどちらに与するのか? 主人公は、婚約者の小百合を未成年者に殺された刑事・鏑木…