<鍵のかかった部屋>松山博昭監督、大野智について「これが嵐か、と思った(笑)」【インタビュー前編】

5月25日(月)に、大野智主演のドラマ「鍵のかかった部屋」(2012年、フジテレビ系)の特別編の第3話が放送される。 同作は、大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)と共に難解な密室事件の謎を解くミステリー。 4月13日にスタートした織田裕二主演の“月9”ドラマ「SUITS/スーツ2」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により撮影を休止しているため、第3話以降が放送延期に。以前より視聴者から数多くの再放送の要望が寄せられていた「鍵のかかった部屋」が、このたび「特別編」として放送されることになった。 そこで、演出を担当する松山博昭氏にインタビューを実施。8年前の撮影時を振り返ってもらい、本作に対する思いや、撮影中のエピソードなどを聞いた。前・後編の2回に分けて掲載する。 ■ 松山博昭氏「思い入れのある作品」 ――5月11日から「特別編」の放送が始まりましたが、「鍵のかかった部屋」は視聴者から再放送の要望が数多く寄せられていたということで、“月9”では8年ぶりに放送されることについてのお気持ちを…