<エール>“福島三羽がらす”が「かわいい」と話題!窪田正孝・山崎育三郎・中村蒼が魅せるギャップの魅力

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)で裕一(窪田)と幼なじみの久志(山崎育三郎)、鉄男(中村蒼)の“福島三羽烏(さんばがらす)”が見せるコミカルな掛け合いが話題を呼んでいる。(以下、ネタバレがあります) ■ 久志&鉄男、“芸者”に興味津々! 6月2日放送の第47回では、作詞家・高梨一太郎(ノゾエ征爾)が書いた歌詞に裕一が曲をつけた「船頭可愛や」がレコードに。その頃、鉄男は行きつけのおでん屋台を引き継ぎ、屋台の主人となっていた。 鉄男の屋台を訪ねた裕一と久志は、レコード発売と鉄男の門出を祝し、和やかに祝杯を挙げる。だが、その場で裕一が「船頭可愛や」を歌うのは芸者だと打ち明けると、久志と鉄男の様子は一変! “芸者”のひと言で2人は「どこの芸者だ」「裕一はもう会ったのか?」と盛り上がり、流行りの芸者見たさにレコーディングにもちゃっかり立ち合い。廿日市(古田新太)が呼んだ歌い手・藤丸(井上希美)が実は下駄屋さんの娘だとわかると「本物の芸者連れて来いよ」(久志)、「『下駄屋の娘でいいか…