岡田健史「心の底から自慢したいです!」映画「新解釈・三國志」で福田組に初参加

福田雄一監督がメガホンを取り、大泉洋、ムロツヨシらが出演、12月11日(金)に公開される映画「新解釈・三國志」の新たなキャストが公開された。 知略に優れた武将で天下の最高司令官・周瑜役を福田組常連の賀来賢人、呉を建国した初代皇帝・孫権役を福田組初参加となる岡田健史が演じる。さらに、呉に仕える老将・黄蓋役を矢本悠馬、漢王朝の復興が第一とされていた時代に天下二分の計を唱えた軍師・魯粛役を半海一晃が務める。 「新解釈・三國志」に出演する賀来賢人(写真・左)、岡田健史(写真・右) また今回公開された、メイキング映像には、賀来から“斬首刑を命じられた”ムロが、「すぐ斬首!?何で単独斬首とかやろうとするの?駄目だよ、残んないじゃん、史実にそれじゃ。単独斬首は絶対駄目だって…」と返す、福田組ならではの、なんともゆるいやりとりが収められた。 新キャストコメント 周瑜役・賀来賢人 あまりふざけないで、かなり真摯に役と向き合い、洗練された演技、存在感を見せることが出来たんじゃないかと思っています。正直この作品で仕事が増えそうな気もしています。欲を言うと、増えて欲しいです。さらに欲を言うと、CMにも繋がって…