ウエンツ瑛士“留学ブランク”後も生き残る理由 “イジられ系イケメン”の元祖としてポジション確立

2018年から「演技を学ぶ」と宣言してイギリスに留学し、2020年3月の「火曜サプライズ」(日本テレビ系)で芸能界への復帰を果たしたウエンツ瑛士。移り変わりの早い芸能界において、1年半のブランクは決して短くはない。このレベルの休業で、以前のように活躍できなくなったタレントは山ほどいる。しかしウエンツはまるでブランクなどなかったかのように、元のポジションにすんなりと戻っているのだ。なぜ彼は、特別だったのだろうか。 ■ 高いバラエティ力で「いるのが当たり前」に もともと4歳のときにモデルを始め、「天才てれびくん」(NHK教育)などで子役として活動し、小池徹平と結成した音楽ユニット“WaT”では「NHK紅白歌合戦」に3年連続出場。役者としてもドラマや映画に多数出演し、マルチな才能を発揮してきたウエンツ。 中でもやはり突出しているのは、バラエティタレントとしての才能だ。ネプチューンとのレギュラー番組「力の限りゴーゴゴー!!」(フジテレビ系)で頭角を現したのが、どんな芸人とも違和感なく絡み、そつなくトークを繰り広げる技術。 もともとは“イケメン枠”で出演していたにも関わらず、バラエティでの力量を…