<青天を衝け>岡田健史が大河ドラマ初出演!栄一(吉沢亮)の妻には橋本愛【新キャストコメント前編】

吉沢亮主演の大河ドラマ「青天を衝け」(2021年放送スタート、NHK総合ほか)の新キャスト20人が発表され、コメントを寄せた。 同作は、新一万円札の顔としても注目され、資本主義の父と称される渋沢栄一(吉沢)が幕末から明治へ、時代の渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。脚本を連続テレビ小説「風のハルカ」(2005年10月~2006年4月)、「あさが来た」(2015年9月~2016年4月)などを手掛けた大森美香が担当する。 今回発表されたのは、栄一の青春期に登場する人物。武蔵の国の農村を舞台とした栄一の家族や、江戸の国でかじ取りに奔走する武家ら20人が出演する。 栄一の父・市郎右衛門を演じる小林薫、母・ゑいを演じる和久井映見の他、栄一のいとこで幼なじみの喜作を高良健吾、栄一の幼なじみでのちに妻となる千代を橋本愛が演じる。 橋本は「千代さんという女性がどんな風に戦い、何を大事にし、何を守ってきたかを、千代さんの魂と交信しながら、一年間演じ抜けたらと思います」と意気込みを語った。 また、今回が大河ドラマ初出演となる岡田健史は「そうそうたる、豪華な、役者の…