佐藤浩市と渡辺謙、4ヵ月ぶりの舞台挨拶「作品で語りたかったことと今の状況は同じ」

東日本大震災時の福島第一原発事故を描いた映画「Fukushima 50」の「カムバック上映記念舞台挨拶」が、7月9日に行われ、佐藤浩市と渡辺謙が出席した。 福島第一原子力発電所に残った地元福島出身の作業員たちへの取材を通じ、当時そこで起こった知られざる“真実”を明らかにする今作。主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫を佐藤浩市が、福島第一原発所長・吉田昌郎を渡辺謙が演じた。 左から)渡辺謙、佐藤浩市 イベントでは、3月6日の公開から4ヵ月が経った今、ふたりの中で改めて芽生えた作品に対する想いを語った。 まず佐藤は「数奇なこの期間、この映画もいろんな変遷を辿り、もう一度皆さんの前に立つことが出来て不思議な感じがしますけど、嬉しいです」と話し、渡辺は「このような中で映画館に来てくださり、この作品に期待を寄せてくれている皆さん、ありがとうございます」と感謝の挨拶をした。 佐藤はコロナ禍で生活様式が変わった現在において本作を届ける意義を「このような状況の中でいったい人は何ができるのか、その方向を間違えると取り返しがつかなくなる。この映画で語りたかったものと、今の状況は同じだと思います…