オリラジ藤森慎吾が“誘拐犯”役でドラマ「13」に出演!「眼鏡なしでの出演は初めて」

8月1日(土)にスタートする桜庭ななみ主演のオトナの土ドラ「13(サーティーン)」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)に、オリエンタルラジオ・藤森慎吾の出演が決定した。 同作はイギリスでブームを巻き起こしたBBCの人気ドラマ「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」のリメークで、13歳の時に行方不明となった少女・百合亜が、13年後に突如家族の元に戻ってくることで人々の運命を変えていくという物語。 藤森は、13年前に百合亜を誘拐した犯人である黒川一樹役を演じる。黒川は、 母親からネグレクトされていたため愛情に飢えていて、 百合亜を誘拐したことで百合亜の家族と警察を翻弄(ほんろう)していく。 ■ 藤森慎吾のコメント これまで“コソ泥”みたいな役はありましたが、「13」で演じる黒川一樹のような本格的な犯罪者役は初めてです。作品もシリアスな内容で、とても面白そうだなと思いました。 複雑な役で、自分自身の人生経験では全くないことですから、気持ちの作り方をどういう風にしたらいいのかなと考えました。一樹は、純粋な思いをちょっとゆがんだ形で相手にぶつけてしまうのですが、こういう純粋すぎる人っ…