『世にも奇妙な物語’20秋の特別編』の放送が決定!広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶが主演

おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが、視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズの最新版として、早くもこの秋『世にも奇妙な物語’20秋の特別編』が放送されることが決定した。 1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始。その後は、特別編という形で、年に2度放送を続けるスタイルで、これまで各時代を代表するような作家や脚本家と豪華俳優を掛け合わせることによって奇妙な物語の世界観を作り出してきた本シリーズ。 今年は、30周年という大きな節目を迎え、秋の放送は、広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹しのぶの4人が主演することになった。 広瀬すずが主演をつとめるのは「イマジナリーフレンド」。広瀬が『世にも奇妙な物語』に出演するのは今回が初めてのこと。夏の特別編の「しみ」では、姉の広瀬アリスが主演をつとめており、夏編と秋編での姉妹共演が実現した。 うだつの上がらない青年・橋本学を濱田岳が演じる 「コインランドリー」 は、鈴木祐斗の「ロッカールーム」(集英社「少年ジャンプ+」)が原作。物語の中で重要な役割を担うキーパーソンの清掃員を、ものまねタレントのコロッケが怪演する。 さらに、チ…