「ハケンの品格」トレンド入り! 小泉孝太郎“里中”が見せた決断力と“二つの告白”

篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第7話が7月29日に放送された。里中(小泉孝太郎)の衝撃の告白に、春子(篠原)も東海林(大泉洋)もビックリ。視聴者からも驚きや歓喜の声が上がり、「ハケンの品格」がTwitterのトレンドトップ5入りする反響を呼んだ。 ■ 「僕のためにアジフライを…」 本作は、スーパー派遣社員・大前春子の活躍を描いた「ハケンの品格」(2007年)の続編。有能な派遣社員として社内のあらゆる問題を解決に導く春子が、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」など、“令和時代の新たな働き方”に立ち向かっていく。 第7話では、S&F社直営の女性向けコンビニプロジェクトが始動。リストラ候補に挙がる東海林を救うため、里中がプロジェクトに没頭する姿が描かれた。 なんとか迎えた投資家向けのコンビニお披露目当日。里中は、集まった投資家たちの前で衝撃のプランを口にした。 「このプロジェクトが皆さまのご理解、ご賛同を得られました暁には、わたくしは仲間とともにこのS&F本社から独立します。出資者の皆さまには、今後とも変わら…