<エール>コミカルな掛け合いが楽しい!福島編の癒やし担当・“川俣銀行”の芸達者たち

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は現在、再放送中。裕一(窪田)の苦悩が描かれる第6週「ふたりの決意」では、川俣銀行メンバーのコミカルなやりとりがストーリーの“癒やしパート”を担っている。 ■ 音の登場にパニック「もしかして、文通相手の人!?」 同ドラマは、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の物語。 裕一の音楽留学は取り消しとなった。7月30日放送の第28回では、人生に絶望した裕一が叔父・茂兵衛(風間杜夫)の勧めるまま見合いをし、音楽と音(二階堂)への思いを断ち切ろうとしていた。 裕一の状況を知った音は、川俣へ急行。裕一が働く川俣銀行を訪ねたが、そこに裕一の姿はない。代わりに、愉快な先輩行員たちが音を出迎えた。 「裕一さんはいますか?音です。関内、音です」と名乗った音を見て、行内は大騒ぎ。裕一の先輩行員・鈴木(松尾諭)は「関内…音!?」と思わず…