松岡茉優と三浦春馬の初共演作が9月15日スタート決定<おカネの切れ目が恋のはじまり>

松岡茉優が主演を務める火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)が、9月15日(火)よりスタートすることが分かった。共演には三浦春馬、三浦翔平、北村匠海が決定している。 ■ 正反対の価値観を持つ2人のラブコメディー 本作は、2019年7月期金曜ドラマ「凪のお暇」の脚本を手掛けた大島里美による完全オリジナルラブコメディー。 松岡演じる、1円まで清く正しく美しく、“モノ”や“恋”に一途で、すべて計算通りの「清貧女」・九鬼玲子と、欲しいものには一直線でお金を使うことになんの迷いもなく、予定は未定な「浪費男」・猿渡慶太(三浦春馬)という金銭感覚が両極端な2人が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになる“おカネ修行”を通したひと夏の恋物語だ。 ドラマ内には、清貧女子、浪費男子をはじめ、自分に投資しすぎ女子、ドケチ節約男子など、金の使い方や人としても“ほころび”だらけの男女が登場し、価値観の違う相手に傷つき、傷つけながら、恋愛模様を繰り広げていく。 ■ 東仲恵吾プロデューサーコメント 皆様から、三浦春馬さんが演じたこのドラマを観たいと…