<BG>最終回でさらに見せた木村拓哉“章”のボディーガードへの熱き思いと斎藤工“高梨”とのバディ感

木村拓哉主演の木曜ドラマ「BG~身辺警護人~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の最終話が7月30日に放送された。 章(木村)と高梨(斎藤工)のバディの行方、最後の合言葉「誤差なし」、それぞれの恋模様まで、ギュッと盛り込まれた展開に魅了された。 (※以下、ネタバレがあります) ■ 4人そろっての「誤差なし」に胸アツ 丸腰の状態で“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描く本作。 2018年1月期に放送された前作では主人公・章は民間警備会社「日ノ出警備保障」に属していた。今回のシリーズではその会社が大手IT企業「KICKS CORP.」に買収され、章は“利益優先”となった組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身。章が立ち上げた「島崎警備」には、かつての同僚・高梨も合流した。 章と高梨のバディぶりは期待以上で、回が進むごとに魅力を増した。しかし、最終話ではボディーガードに恨みを持つ「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)がクライアントとなり、章に続く形で劉の経営方針に異を唱えて飛び出した高梨は猛反対。政治家・桑田(小木…