島崎(木村拓哉)、『BG』最終回で撃たれる!命の危機にさらされながら挑んだ最後の任務

島崎(木村拓哉)、『BG』最終回で撃たれる!命の危機にさらされながら挑んだ最後の任務

丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描くドラマ『BG~身辺警護人~』。 最新シリーズでは、民間警備会社の身辺警護課に所属していた島崎章(木村拓哉)が「弱き者の盾になる」という使命を貫くために“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身。“個人VS組織”の物語を軸に躍動の人間ドラマを紡いできた。 そんな『BG~身辺警護人~』第2シーズンも7月30日(木)に最終回を放送。 最終回の依頼人は、第1話から島崎と対立を続けてきた仲村トオル演じる劉光明だ。さらにラストには市川海老蔵も“本人役”として登場し、華々しい最終回となった。 ◆第7話ストーリー振り返り: 絶体絶命のピンチに陥る島崎、立ちはだかる高梨を… これまで島崎章(木村)を付け回してきた謎の男の正体…それは、元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央)だった。 その加藤が総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)を襲い、加藤は警備会社「KICKSガード」の社長・劉光明(仲村)の指示でやったと主張。警察に追われ逃走した劉は、なぜか敵視していたはずの島崎に「護ってほしい」と依頼…