花澤香菜「彼女を通して戦争をより身近に…」戦争体験を描いた作品で12歳の少女を演じる

8月14日(金)に放送されるマンガを随所に織り交ぜながら進行する、ドラマ×マンガ「あとかたの街 ~12歳の少女が見た戦争~」(夜9:59-11:00、NHK BSプレミアム)のマンガパートに花澤香菜、花江夏樹、早見沙織が出演することが発表された。 同番組のドラマパートでは、漫画家・おざわゆきの日本漫画家協会賞コミック部門大賞を受賞した「あとかたの街」が原作で、1人の女性マンガ家のゆき(木村多江)が、当時12歳だった母親・あい(吉行和子)の戦争体験を作品として完成させるまでの日々を、マンガパートでは、あいが語る戦争体験や友人、家族との物語を描く。 戦争当時12歳だった少女・あいを演じる花澤は「彼女を通して戦争をより身近に感じ、もうこんなことは起きてはならないのだと胸に刻む機会になると思います」とコメントを寄せた。 また、あいが思いを寄せる少年・洋三を演じる花江は「実際の戦争を生きたキャラクターを演じるのは初めてで、本当にこんなことがあったんだと、身が引き締まる思いです」と語った。 さらに、ドラマパートでは、漫画家であいの娘であるゆきを木村が演じる他、ゆきの編集者の佐藤を桐山漣、ゆきの母親…