松本まりか演じる“お岩さん”伝説!実は心根優しい幽霊!?<『妖怪シェアハウス』第1話>

松本まりか演じる“お岩さん”伝説!実は心根優しい幽霊!?<『妖怪シェアハウス』第1話>

小芝風花演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、超絶お節介な妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。 8月1日(土)より放送がスタートする本ドラマでは、お岩さん、座敷童子、ぬらりひょん、酒呑童子など個性豊かな妖怪たちが登場し、物語を彩る。 さらにドラマ内では、毎話妖怪たちにまつわる“伝説”を紹介。 そこで今回は、第1話の中からあの定番フレーズ「恨めしや~」で知られる “お岩さん”の伝説をお届けする。本作でお岩さんを演じているのは、松本まりかだ。 ◆「恨めしや~」“お岩さん”伝説 お岩さんのモデルは、四谷に住んでいた田宮伊右衛門の妻・お岩といわれている。彼女は、夫に尽くす健気な良妻賢母だったそう。 それが『四谷怪談』で“怪談話”として書かれ、歌舞伎の演目『東海道四谷怪談』も古くから上演されている。 ある日、伊右衛門にとって良き縁談、高師直の家臣である伊藤喜兵衛の孫・お梅との縁談が舞い込む。寝込みがちな妻・お岩が邪魔になっていた伊右衛門は、自身の出世に目がくらみ、薬と称してお岩に毒を盛った。 …