<試写室>「妖怪シェアハウス」澪(小芝風花)と妖怪たちの楽しい共同生活が動き出す!

小芝風花主演の土曜ナイトドラマ「妖怪シェアハウス」(毎週金曜夜11:15‐0:05、テレビ朝日系)が8月1日(土)から放送される。 同作は、小芝演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、シェアハウスで出会ったお節介な幽霊や妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描く。 7月30日には、ライブ配信「夏の夜の妖怪ホームパーティー」を行い、余すことなく明かされていく撮影裏話や仲のいい小芝松本まりか、毎熊克哉、池谷のぶえ、大倉孝二と監督の豊島圭介の姿が反響を呼んだ。 今回、WEBサイトザテレビジョンでは「妖怪シェアハウス」を事前に視聴。オリジナルレビューで番組の魅力を紹介していく。 ■ 第1話のあらすじ 借金取りに追われ、キャリーケースを引きずりながら住宅街を逃げ走る1人の女の子、目黒澪(小芝風花)。彼氏の奥園健太郎(柾木玲弥)に助けを求めるために部屋へ向かうが、そこには健太郎のほかに女性の姿があった。 混乱する澪に健太郎は迷惑そうに帰れと言い放ち、実は二股をかけられていたうえに、自分が二番目だった事実を知る。そもそも借金を背負うことになっ…