バカリズム脚本&主演のサスペンスコメディーが放送決定! 井浦新とのタッグで復讐劇の「どうでもいい部分」を描く!?

バカリズムが脚本を手掛けたオリジナル作品「殺意の道程」が、11月9日(月)よりWOWOWプライムにて放送されることが決定。併せて、バカリズムと井浦新がW主演を務めることが明らかになった。 2020年に再放送された人気作「素敵な選TAXI」(2014年、フジテレビ系)や、第36回向田邦子賞ほか数々の賞を受賞し映画化もされた「架空OL日記」(2017年、日本テレビ系)など、脚本家としても多彩な作品を手がけてきたバカリズム。今回、新たに手掛けたオリジナル作品が満を持してWOWOWで連続ドラマ化される。 本作は、ある人物の裏切りに遭い自殺した男性の息子と彼のいとこが、“初めての殺人”に挑むという復讐劇。だが、他の作品であれば省略されるであろうどうでもいい部分を、やたらと細かくリアルに描いていく新感覚サスペンスコメディーだ。 自殺した男性の息子・窪田一馬を演じるのは井浦新。そして、男性が息子のように可愛がっていた一馬のいとこ・吾妻満をバカリズムが演じる。また、「住住」シリーズ(2017年~、日本テレビほか)や「架空OL日記」でバカリズムとタッグを組んだ住田崇監督が全7話の演出を務める。 完全犯罪…