小芝風花、衝撃の変化!ドラマ『妖怪シェアハウス』で“貧乏神”と化す

小芝風花、衝撃の変化!ドラマ『妖怪シェアハウス』で“貧乏神”と化す

小芝風花演じる気弱などん底女子・目黒澪が、現代でルームシェアをしている妖怪たちと出会い、その自由で何にも縛られない姿に感化されたくましく成長する姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。 8月15日(土)放送の第3話では、ヒロインの澪に衝撃の変化があらわれる。 アルバイトとして働き始めた“こんじゃくプロダクション”で正式に採用されることになった澪。 ところが、そこは万年人手不足のブラック企業。こき使われ疲れ果て、お金もなく、ヨレヨレの澪は…なんと、負のオーラ漂う貧乏神のような姿に! 同居する妖怪たちも思わず“ドン引き”してしまうほどの悲惨なヒロイン・澪の姿に注目だ。 そして今回、何とか働きだして奮闘する澪に、さらなる異変が。 故郷の喜界島で一緒に育った大親友の藍(松田るか)から久々に連絡が入り、再会することになった澪。 藍は出会い系サイトで出会った彼氏と幸せそうで、結婚の話も浮上し、澪も自分のことように喜ぶ。 ところがその矢先、藍にある事件がふりかかり…のんべこと酒呑童子・酒井涼(毎熊克哉)を筆頭にした妖怪たちと澪は行動を起こす! 第3話では、親友のために立ち上がる澪の姿が描かれる…