ウルトラマンで人気の平田雄也、“自称引きこもり役”を怪演!「ひたすらに悩み考え臨ませていただきました」

ウルトラマンで人気の平田雄也、“自称引きこもり役”を怪演!「ひたすらに悩み考え臨ませていただきました」

東山紀之演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むドラマ『刑事7人』。 8月12日(水)放送の第2話では、事件に関わりのある重要人物・村上雅人役で人気若手俳優・平田雄也がゲスト出演する。 平田は、新世代ウルトラマンシリーズといわれる『ウルトラマンR/B(ルーブ)』(2018年)で、主人公のウルトラマンロッソを熱演。翌年には映画化されるほどの人気を博した。そんな“ニュージェネレーションヒーロー”として、子どもから大人まで幅広い世代を魅了してきた平田が今回、“殺人鬼”という役柄に挑戦する。 村上は過去に殺人を犯した文部科学省の元事務官の息子。しかし、人を殺しておきながらも、心神喪失状態だったという精神鑑定によって無罪を勝ち取ったという過去をもつ。そもそも、その精神鑑定が正しかったのかを疑う専従捜査班。さらに天樹は、その事件以来3年間自宅から一歩も出ていないと語る村上の発言にも疑問を抱く。 そんな過去に起こした殺人事件にも、現在の暮らしぶりにも何やら裏がありそうな自称引きこもりの村上を、平田が長髪姿で怪しく演じる。 ◆平田雄也(村上…